タイトルのSEO対策方法を知ろう!

内部対策(タイトル)

SEO対策にはl、外部的要因と内部的要因の2種類が存在しています。もし自分でSEO対策を行うとしたら真っ先行うのが、内部的要因の対策のほうになるでしょう。

自分で作ったホームページですが、それが検索エンジンがよみとりやすいように最適化されているとは限らないのです。それを検索エンジンが読み取りやすくする為に、最適化を施す事を内部的なSEO対策というのです。

自分でSEO対策を行う事ができて、検索順位の上昇が期待できる内部のSEO対策をいくつかご紹介してまいります。自分のホームページを今後の検索順位の上昇を狙う為に、効果的なSEO対策を行いましょう。

まずは、内部対策をする事がお奨めです。

タイトルタグ(title)

タイトルタグはSEO対策を行う上で、とても重要な対策で、まず一番初めに手をつけなくてはならない要素と言ってもいいでしょう。

タイトルは一番上にありますよね。そこは、検索エンジンのクローラーが真っ先に読みに来てくれるところなので、一番初めに対策を行わなくてはならりません。その方法をご紹介しましょう。

タイトルを統一しない

ホームページなど一部の場合を除いては、複数のページがあると思います。そのページごとにタイトルを変更していきましょう。検索エンジンにヒットされるようにキーワードを入れるのがベストですが、あまりにタイトルがそのページと沿っていないとペナルティの対象となる恐れがありますので、無理にキーワードを絡ませずに、そのページに沿ったタイトルをつけるようにしましょう。

トップページにはキーワードを必ず入れる

別のページでのタイトルは、ページに沿ったタイトルで構いませんが、ホームページの顔となるトップページやHOMEなどのインデックスページには、検索されてヒットされたいキーワードを必ずいれるようにしましょう。

キーワードは一つだけ

タイトルにキーワードを絡めることは、SEO対策にはとても効果的に働きますが、キーワードを沢山タイトル入れ過ぎると帰って逆効果になります。あまりにキーワードを詰め込みすぎてタイトルが長くなってしまうとペナルティの対象となってしまう可能性が上がってしまいますので、キーワードは一つ、または多くても2つぐらいに止めておくほうがいいでしょう。

SEO対策基本情報

内部SEO対策方法

SEO対策に役立つ情報

サイト紹介

当サイトは、SEO対策についての情報をご紹介しています。

SEO対策は検索順位を上げるためには必要不可欠です。より良いサイト作りのために、当サイトの情報をご活用ください。

※注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成されていますが、当サイトのSEO情報のご利用は、自己責任と自己判断でお願いします。

当サイトの情報を利用して不利益を負ったとしても、当サイトはいかなる責任も負わないものとします。

▲ページトップへ戻る