内部対策の見出しのSEO対策について知ろう!

内部対策(見出し)

見出しと呼ばれるタグは、タイトルやページ上に表示されないmetaのようなタグではなく、ページの文章中に使われている見出しを最適化しておくことはSEO対策的にはとても有利に働いてきます。

タイトルやmeta程の重要度よりは低いかもしれませんが、見出しタグの最適化はやっていないよりは、効果が格段に上がりますので、みだしタグを上手に使ってホームページの検索順位を上げていきましょう。

このページでは、見出しタグのSEO対策についてご紹介してまいります。

見出しタグの効果的な使い方

h1タグはページに一つ

見出しの中でも、最も重要な見出しタグと言えばh1タグでしょう。一番大きな見出しタグとなるh1なのですが、h1を1ページでに沢山散らばすのは、SEO対策的には逆効果となってしまいます。h1タグはそれぐらい効果が強いので、1ページにたいして一つだけ使うようにしましょう。

 

キーワードを見出しに絡める

h1やh2など色々と見出しの種類はありますが、その中でもh1には必ずそのページのキーワードを入れるとSEO対策の効果が上がります。1ページに付き一回の使用が好ましいh1はそれだけ、重要な文章とクローラーが感じて情報を読み取りますので、そこにキーワードを入力しておくことは、SEO対策にとっても重要な要素と言えるでしょう。

短めな文章で

h1タグは見出しタグなので、あまり長い文章にはせず短めな文章にしましょう。h1タグは重要な要素といって、見出しに長い文章を記載しているサイトもあったりしますが、やはり見出しタグは、その文章の名前の通り見出しなのです。見出しに長い文章を書く事はお奨めできませんので、短めな文章で今から書く文章を分かりやすくするようにしましょう。

見出しを使いすぎない

見出しタグにはh1の他にも、h2やh3などの見出しタグがありますが、見出しタグの使いすぎはあまりよくありません。なぜなら、ページに見出しが溢れてしまっては、もっとも重要な文章の部分が薄くなってしまうからです。見出しだけが多いサイトだとユーザーのユーザビリティを損ねてしまう可能性もありますので、見出しタグを使う回数を予め決めておくと良いでしょう。

あまりページを見出しだけで覆わずに、一つの見出しに対しての文章部分の質を上げる方が効果的に検索順位を上げてくれるでしょう。

SEO対策基本情報

内部SEO対策方法

SEO対策に役立つ情報

サイト紹介

当サイトは、SEO対策についての情報をご紹介しています。

SEO対策は検索順位を上げるためには必要不可欠です。より良いサイト作りのために、当サイトの情報をご活用ください。

※注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成されていますが、当サイトのSEO情報のご利用は、自己責任と自己判断でお願いします。

当サイトの情報を利用して不利益を負ったとしても、当サイトはいかなる責任も負わないものとします。

▲ページトップへ戻る