内部対策のmetaタグのSEO対策について知ろう!

内部対策(meta)

あまり気にしてはいないかもしれませんが、タイトルの下に付くmetaタグと呼ばれるタグをご存知でしょうか?このmetaタグと呼ばれるタグも、SEO対策を行ううえでは、重要な要素と言えます。

検索エンジンで調べた検索結果にタイトルのほかに、説明文が付きますが、その説明文にも検索したキーワードの単語は反応するので、ホームページが検索上位に表示させるのに一役買ってくれるのです。

そんなmetaタグのSEO対策をいくつかご紹介してまいります。タイトルも重要ですが、metaタグにもSEO対策を施して、検索順位の上位進出を目指しましょう。

metaタグでSEO対策

metaタグはいくつかありますが、特に重要なものは、「keyword」と「description」の二つのmetaタグになります。
keywordの表記のされ方は、
「 <meta name="keywords" content="このページに沿ったキーワード" /> 」となり、descriptionの表記のされ方は、
<meta name="description" content="このページに沿った説明文" /> という感じでひょうきされませす。

それぞれの対策方法をご紹介します。

キーワード(keywords)

metaキーワードを設定するときには、自分のホームページが一番検索エンジンで検索されたいキーワードを入れる事が重要です。その他にも、そのページに書いてある文章に沿ったキーワードの選定が重要になってきます。

例えば、グルメレシピを紹介しているページだとしたら、キーワードは「グルメ」や「レシピ」といった具合にページごとに、キーワードを決めていけばいいでしょう。ページに沿っていないキーワードはつけないようにしましょう。

ですが、トップページやHOMEには、このサイトの一番重要なキーワードを入れるようにすると、SEO対策では効果的に働きます。

キーワードはページに沿って選別し、すべてのページが同じキーワードではなく、ページに沿ったキーワードをそれぞれのページに記載しましょう。

ディスクリプション(description)

ディスクリプションはこのページの内容を簡潔に説明している説明文になりますので、 そのページの内容を説明しなくてはなりません。

ディスクリプションにキーワードを入れて書く事は、SEO対策においても効果的な方法なのですが、キーワードを無理に入れてキーワードの数が大きくなりすぎたり、ページとは全然違う内容の説明文になったりしてはいけません。

無理やりキーワードをはめ込むのではなく、ページに沿った説明文をこのディスクリプションに入れる事が大事です。

このディスクリプションもキーワードと同様に、各ページごとにそのページの説明文を記載すると効果的です。

SEO対策基本情報

内部SEO対策方法

SEO対策に役立つ情報

サイト紹介

当サイトは、SEO対策についての情報をご紹介しています。

SEO対策は検索順位を上げるためには必要不可欠です。より良いサイト作りのために、当サイトの情報をご活用ください。

※注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成されていますが、当サイトのSEO情報のご利用は、自己責任と自己判断でお願いします。

当サイトの情報を利用して不利益を負ったとしても、当サイトはいかなる責任も負わないものとします。

▲ページトップへ戻る