内部対策のCSSのSEO対策について知ろう!

内部対策(CSS)

以前までのホームページ製作で主流だったのがテーブルという機能を使ったサイト作成が主流でしたが、現在ではCSSを使ったホームページ製作が主流になりつつあります。

テーブルを使ったホームページ製作は、枠を取りやすく、画像なども一つ筒簡単に設置する事ができるので、作りやすい部分があるのですが、現在ではクローラーはテーブルで作られたホームページはあまり好まなくなっています。それは、元々テーブルという機能は、ホームページ作りのために作られた機能ではないからです。それに、テーブルで製作されたホームページは容量自体も多くなってしまう傾向があります。

もし、自分の今持っているのホームページがテーブルでの製作であるならば、CSSを使ったホームページ製作への変更をお奨めします。

CSSでホームページを製作して、クローラーに認知されやすいホームページを目指しましょう。

CSSとは?

CSSは略称された言葉で、実際は「Cascading Style Sheets(カスケーディングスタイルシート)」という長い名前になります。

CSSの主な目的は、ページのレイアウトやデザインを指定して、ホームページを構築するのが目的と言えます。画面を2分割にしたり、画像を場所指定して表示させるなど、ホームページのデザイン部分に深く関わってきます。

テーブルで製作されたホームページよりも、CSSで製作されたホームページのほうが、修正や装飾を施すのが楽に行う事ができ、また、ページ自体の容量も少なくする事が大きな特徴です。

CSSのSEO対策での必要性

SEO対策において、なぜCSSでの製作が必要なのかと言うと、CSSの特徴であるデザインやレイアウトを定義するという事ですが、それは、デザイン・レイアウト部分をCSSだけでおこなえますので、デザイン・レイアウト部分を分割することができます。

そうなると、ページに書き加えるのは、文章だけでよく、デザインのために余分なソースコードを加える必要がありません。それが、ページを軽くする一番の理由となっているでしょう。

クローラーというのは気まぐれで、ページすべてを読み取っているかと言えばそうではなく、途中までしか読み取ってない場合もあるのです。そうなると、情報が伝える事ができずに終わってしまいます。では、クローラーが読み取るのを途中でやめない為にも、ソースコードを短くしてすぐに読み込めるぐらいの大きさにしておく事が重要になってくるのです。

その為に、デザインやレイアウトの為のソースコードが省く事ができるCSSはSEO対策的にも必要となってくるのです。

SEO対策基本情報

内部SEO対策方法

SEO対策に役立つ情報

サイト紹介

当サイトは、SEO対策についての情報をご紹介しています。

SEO対策は検索順位を上げるためには必要不可欠です。より良いサイト作りのために、当サイトの情報をご活用ください。

※注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成されていますが、当サイトのSEO情報のご利用は、自己責任と自己判断でお願いします。

当サイトの情報を利用して不利益を負ったとしても、当サイトはいかなる責任も負わないものとします。

▲ページトップへ戻る