主要な3大検索エンジンについて知ろう!

主要な検索エンジン

インターネットの社会において、検索エンジンというのは一つではありません。皆さんが何気なく使っている検索も、実はそれぞれ別の検索エンジンかもしれませんよ。

検索エンジンにも、それぞれ特徴があり、同じ言葉で検索をしたとしても、同じWEBサイトを拾ってくるとは限らないのです。

日本で主に主要な検索エンジンといえば、Yahoo! JAPANにGoogle、Bingなどが有名でしょう。この3つの検索エンジンでほぼ9割以上占めています。上位3つがすべて海外企業の検索エンジンなのですが、残りの1割以下の検索エンジンの中のほとんどが、WEB検索に関しては、上位3つの検索エンジンを搭載しているので、上位3つでほぼ100%のシェアを誇ります。

SEO対策を行うのであれば、この3つの検索エンジンのついて詳しく知っておくことは重要な事になりますので、この3つの主要検索エンジンを一つ一つご紹介して参ります。

どちらのエンジンに特徴があると書きましたが、どのエンジンに向けてのSEO対策を施すのかによって、SEO対策の手法も変化しますので、慎重に選びましょう。

3大主要検索エンジン

Google

日本でのシェアは2位で、インターネットの中級〜上級者が好む検索エンジンといえるでしょう。しかし、それは日本だけでの話しで、世界的に見るとGoogleのシェアは世界第一位となっています。

Googleの特徴はなんと言っても、ロボット型検索エンジンをいち早く採用した点でしょう。クローラーと呼ばれるプログラムをWEB上のリンクを辿らせて、WEBサイトを検索します。このロボット型の検索エンジンは、他のライバルも真似し始めました。

また、ホームページを独自で評価してページランクをつける技術で検索エンジンよりも、精度を高めた検索を行っています。

Yahoo!JAPAN

日本でのシェアNO.1を誇るのがこのYahoo!JAPANでしょう。

Yahoo!はGoogleとは対照的に、WEBサイトを登録制したディレクトリー型の検索サービスが特徴と言えるでしょう。登録には審査が必要で、審査をパスして初めてカテゴリー別に登録可能なサービスをしていましたが、2000年ごろからGoogleと同じロボット型の検索サービスを開始しました。

長らく独自の検索エンジンプログラムを使用してましたが、アメリカではBingの検索エンジンプログラムを使い始め、日本ではGoogleの検索エンジンプログラムへと変更されて話題を呼びました。

Bing

Bingは、OSで有名なマイクロソフト社が開発した検索エンジンです。旧名は「Live Search」と呼ばれていた検索エンジンです。

日本ではシェアはあまり獲得できていませんが、世界的に見ても上記二つに少し遅れを取っていますが、検索エンジンの精度増してきますし、アメリカのYahoo!でも検索エンジンプログラムが採用されたので、今後のシェアを伸ばす可能性が十分考えられます。

SEO対策基本情報

内部SEO対策方法

SEO対策に役立つ情報

サイト紹介

当サイトは、SEO対策についての情報をご紹介しています。

SEO対策は検索順位を上げるためには必要不可欠です。より良いサイト作りのために、当サイトの情報をご活用ください。

※注意事項

当サイトの情報は、管理人が個人的に集めた情報を元に作成されていますが、当サイトのSEO情報のご利用は、自己責任と自己判断でお願いします。

当サイトの情報を利用して不利益を負ったとしても、当サイトはいかなる責任も負わないものとします。

▲ページトップへ戻る